10月, 2015

不倫がいけないことであるかのように考えられているのが嫌です

出会い系サイトを利用すれば、いろいろな出会いが実現できます。
実際に利用してみればよくわかりますが、これは本当に便利なサイトです。
優良な出会い系サイトとそうでないサイトの差が激しいとか、出会い系サイトの利用に際して何も問題がないわけではありませんが、今のところは、出会い系サイトというものが出会いを求める上では一番便利なサイトなので、これからさきもずっと、よほどのことがなければ出会い系サイトというものがなくなることは無いでしょう。

出会い系サイトというものを利用すれば、さまざまな出会いを実現することができるといいました。
具体的に、恋人との出会いを求めるためにも利用できますし、メル友やセフレとの出会いも、出会い系サイトを利用すれば可能です。
でも、出会い系サイトの利用に抵抗を感じる人は、どうやら出会い系サイトを利用してセフレとの出会いを求めることについて抵抗を感じているようなのです。

そういう人ほど、出会い系サイトというものは、恋人同士の出会いには向かないといいます。
そういう出会いが全く不可能だというわけではありませんが、確かに、出会い系サイトを利用している人たちの目的を細かく見ていると、やっぱりまじめに恋人探しをしている人よりも、セフレなどを求めて結局は不倫してしまう人のほうがずっと数が多いように思います。

そして、たまに勘違いする人がいるのですが、出会い系サイトには優良なサイトとそうではない悪徳なサイトがあって、優良な出会い系サイトを利用している人がまじめに恋人を探し、悪徳サイトを利用している人がセフレを探しているというわけではありません。
これは注意しておいてください。

どのような出会いを実現させたい場合であれ、利用すべきなのはあくまで優良なサイトです。
セフレとの出会いはあまり良く無い出会いだから、利用するのは悪徳なサイトだと勘違いするのはやめてください。
どんな形の出会いであれ、男女の出会いというものを実現させたければ、利用すべきなのはとりあえず優良な出会い系サイトです。

http://gyakuenjoy.com/を利用するうえで、恋人を探すことに比べれば、ふりんというのはやはりよくない男女関係ということになってしまうのでしょう。
でも、私はこのような理由で、出会い系サイトを利用するのがダメなことであるとか、あるいは出会い系サイトそのものが悪いサイトであるというふうにみなされるのが嫌です。

たとえ不倫の男女関係であっても、お互いに愛し合っているならそれが一番いいのではないかというのが私の考え方だからです。
私も実際に不倫をした経験がありますが、だからといって罪悪感を感じていたということはほとんどありません。
しあわせではない結婚生活を続けるのはとにかく苦痛だと思ったからです。
私は正直、ふりんという男女関係を否定する人たちの気持ちがわかりません。
不倫を批判する人はきっと、自分が結婚した経験のない人か、あるいは、結婚後も幸せな生活を送ることができているというごく一部の幸せな人でしょう。

今の時代、正直なところ、結婚を希望する人の数がどんどんと減っています。
離婚率も高いですよね、出会いを求めている男女がたくさんいることは、出会い系サイトというものが高く評価されている現状からもよくわかるのですが、其れでも結婚を希望している人は昔ほど多くはないのです。

昔とは価値観が変わったということだと思います。
結婚することで必ずしも幸せになれるとは限らないという考え方が現れているのです。
ちょっと寂しいような気もしますけどね、でも、結婚すると恋愛ができなくなるってことがまず言われるじゃないですか、結婚生活に必要なのは愛ではなく忍耐力だって言われますよね。
その忍耐力がなくなってきたからこそ、今の若者は結婚できないし、結婚したとしても長続きしないんだ、というふうに言う人も多いですよね。

特に年配の人だったら、よくそんなふうに若者批判をします。
確かに、若者が批判されても仕方のない部分はあるかもしれませんが、でも、年配の人たちって、自分たちはずっと我慢してきた、我慢してきた私たちがやっぱりえらいのだというふうに考えている節があるんですよね。
確かに、生きていくうえでは我慢ということが絶対に必要です。
私だってもちろんそうですが、生きていく中で全く何も我慢をした経験がないという人はいないはずです。

でも、だからといって、我慢すれば何でもかんでも正しいと考えられていることも、私にとってはすごく嫌なんですよね。
好きでもない人(あるいは、結婚してから徐々に好きになれなくなった人)とずっと結婚生活を続けるなんてこと、本来ならしなくていいはずの我慢のはずです。
避けられることだったら避けるべきです、それを「我慢をすることはとにかく偉いというような体育会系の考え方でちょっとごまかすのは私は嫌なんです。

年齢とか立場とか関係なく、とにかく男女は誰だって好きな人とのお付き合いを続けるべきです。
好きな人と結婚して、ずっと一緒にいられたら本当に幸せでしょうし、実際にそんな幸せな結婚生活を送っている人は世の中にいます。
でも、そういう超幸せ者は、ほんの一部です。
ほとんどの人は、まず結婚するまでの間でものすごく苦労をして、さらに結婚してから後にもいろいろな苦労をするのです。
もう本当に我慢の連続なのです。
自分の人生が、結婚したからといってそれほど幸せなものにはならないとわかっていたら、わざわざ出会いの苦労をしてまで結婚したいと考える人はいないでしょうね。

だから、出会い系サイトを利用して求めるのはメル友かセフレ……自分が欲求不満を感じた時にそれを解消しあえる異性の友達がいればいいというふうに考える人が多いのです。
もういったん結婚してしまって、旦那や妻との関係がうまくいかなくなったとき、その溝みたいなものをどうしてもなくすことができなくて、なおかつ離婚もできないということになれば、欲求不満はたまる一方です。

そうなれば、欲求不満を解消するためにちょっと不倫くらいしたくなるというのが普通でしょう。
不倫をすることで、夫婦関係のマンネリが解消されて、これまではうまくいかなかった二人がまたうまくいくようになるというような話も聞いたことがあります。
私個人の考えでは、うまくいかない結婚生活などでストレスを感じるより、不倫をするくらいのことで問題を解決できるのであれば、そっちの方がよほどいいと思うのです。

私と同じように考える男女が多いからこそ、出会い系サイトに集まってくる人の中には初めから浮気を考えているという人が多いのだと思いますよ。

だんぜん!テレクラ

出会い系サイトとテレクラだったら、絶対テレクラのほうが出会いが多いです。
私は女ですが、よくテレクラを利用しています。
実は結婚しているのでが、何年か経つとエッチがどうしてもマンネリ化してしまいます。
ドキドキすることもなく、もはや主人の処理をしているといった感じなのです。
こうしたことが積み重なっていくと、自分自身の不満がどんどんたまってしまい、イライラしてばかりで生活に楽しさを感じなくなるのです。
そこで知り合いにテレクラの話を聞いて、実際やってみようと思いました。
最初は本当に「怖い」と言う気持ちしかありませんでしたが、最初の電話の相手がとても優しくて感じの良い男性だったので安心しました。
電話で少しはなしをしていて、彼にできれば直接会いたいと言うことを話して待ち合わせをしました。
怖い気持ちがったので、全く違う格好を彼には伝えていましたが、雰囲気が柔らかそうなことで近づき話をしたら、そんなに怖がらなくてもいいと笑われてしまいました。
軽く食事をしてラブホテルまで行きました。
タクシー代金は彼が支払いをしてくれて感動でしたし、ホテルに入ってもすごく優しくしてくれました。
私が既婚者だと言ったら、帰る時間も気にしてくれました。
彼とは今も何度か会ってエロイプを思い切りしていますが、彼の気遣いもあって主人にはばれるようなことがありません。
テレクラは本当に出会いを求めるといった目的に関しては、出会い系よりも確率はかなり高いのではないかと思います。
女性でも、私のような既婚者でもエッチができる相手と出会うことができます。
テレクラの印象が悪かった当初とは違い、今はうまく使うことでいろいろな形のエッチが楽しめるのではないかと考えています。
もちろん、家庭は第一に考えていますし相手も離婚を望んではいまでん。
ただ普通にエッチが燃え上がるものになっていくのが、すごく新鮮で楽しくできるのです。
マンネリ化して夫婦のセックスにはとっても良い刺激を与えるものですよ。