不倫掲示板で知り合った相手と上手な関係を保つ方法

不倫掲示板で知り合った相手との関係をうまく保つには、どうすればいいでしょうか?まず、相手が何を求めているかを知ることから始まります。不倫掲示板を使っているぐらいなので、不倫相手を求めているということはわかります。ですが、どんな相手でもいいかというと、そんなことはないですよね。

なので、相手はどんな不倫相手を求めているのかを知ることから始めましょう。そんな相手なんて、あまり関係ないのではないかと思われるかもしれませんが、例えば、不倫関係は旦那や奥さんには知られたくないのはもちろんですよね。ですが、口が軽かったりわざと言いそうになったりする人なら、どうでしょうか。

関係が深くなればなるほど、自分の秘密にしたいことが周りにバレる可能性も高くなるかもしれません。他には、性格の面でも合う合わないがあります。「この人、話してるとうるさいな」と思ったり「もっと楽しく話したいんだけど、なんで無言なんだろう」といったコミュニケーションをとったことはありませんか?

自分はもっとこうしてほしいのに、相手はしてくれない。最初は緊張しているからという理由で、だんだんと打ち解けてくのが好きな人もいれば、最初から友達感覚で話せるのが好きという人など、人それぞれ好き嫌いがあります。なので、明らかに自分とタイプは違い、合わないような人なら関係を持っても長続きしないかもしれません。

それは、一度会って話してみないと分かりませんが、不倫掲示板などで会話をして明らかに合わないということを確認することもできるでしょう。また、行動するペースやセックスの相性もあります。実際に会って話してみたら、自分とは全然違うタイプで、インドア派とアウトドア派に分かれたり、その程度ならいいですが話すペースやノリが全然違えば、やはり話は合わなくなるでしょう。おじさんといけいけの学生といった違いがあれば、話していても楽しくないのではないでしょうか。

ですが、話は別にどうでもよくてベッドでの相性が良ければいいという人もいます。なので、やはりベッドでの相性はいいに越したことはありませんよね。自分は気持ちよくても相手が痛がっていれば、相手は次も会いたいとは思わないかもしれませんし、その逆もあるでしょう。

そうした違いを理解し、自分にはどういう人が合うのかが分かっていれば、まず選ぶ相手を間違わないですむでしょう。そうして自分に合う相手を選ぶことができたら、次はコミュニケーションです。いくら相性がいいからといって不倫相手と出会い、どういった付き合いをすればいいかがわからなければ、楽しいデートやセックス、これからの関係を続けていくことは難しいでしょう。

まずは、お互いに理解しあうところから始めるといいでしょう。体だけの関係でよくて相手は別にどうでもいいという人もいますが、中には秘密の関係だからこそ、お互いに理解しあっているほうがいいという人もいます。大切なのは、そういう部分も含めて相手はどういう関係を望んでいるのかを知ることです。

相手は何を望んでいるのか、それが分かれば接していても楽しく過ごすことができるでしょう。会話もセックスも、相手としっかり絡み合いながらするのか、それとも一人一人のペースで勝手に進んでいくのかでは、気持ち良さも変わってきます。この人と話していて気持ちいいな、理解されているなと思える人と、この人と話してると疲れるな、腹がたつなと思う人では、やはり印象は変わってきます。

そうやって相手を気遣うことに意識を向けていれば、だんだんと相手も自分を気遣ってくれたり理解してくれたりし、一緒にいて楽しい仲に変わっていくと、相手も「また会いたい」「自分を理解してくれる人だ」といった印象に変わっていきます。そうなると、不倫掲示板で出会った相手と上手な関係を保つことができるでしょう。

また、不倫掲示板は全国専用にそれぞれ分かれているものが多いです。不倫はパートナーにバレてはいけないのは暗黙の了解。でも、近場で不倫相手と会っていたら見つかる可能性もあるかもしれません。それを防ぐためには、遠くの相手と知り合うのもいいでしょう。遠くの相手であれば、月に何回かいく程度で楽しめるでしょうし、パートナーにバレる可能性も低くなります(参考サイト→せふれ掲示板)。

よくあるニュースで不倫騒動が騒がれていますが、他人事だと思ってガードを下げていたら自分も同じ目にあったということもないとはいえません。自分の行動を客観的に見て、これなら大丈夫といえる行動をして、パートナーを悲しませずあくまで自分だけの秘密にして行動するようにしたいものですよね。

また、不倫掲示板に集中するあまり信頼できない相手も信頼してしまい、なんらかのトラブルに巻き込まれるということも防ぎたいものです。悪徳業者と連絡をとり続けても意味がありませんし、出会い系サイトなどに誘われても誘いに乗ってはいけません。そうしたことも意識しておきましょう。

コメントは受け付けていません。